サイトマップ

最新のニュース
 坂本城祉探訪
坂本城縄張り概略(青線)と探訪行程800m
公園に光秀の石像が立っています。
坂本城は比叡山焼き討ちの後、近江西側支配のため、織田信長の命により1571年
明智光秀によって築かれました。 琵琶湖岸に築かれ、湖水をうまく利用した水城で
大小の天守を持ち、宣教師のルイス・フロイスは豪壮華麗で安土城に次ぐ名城だと記
しています。1582年6月2日、光秀は「本能寺の変」で信長を討つも、6月13日
「山崎の戦い」で秀吉軍に破れました。光秀は坂本城へ向かう帰路、農民に殺害され、
十数日の天下で世を終え、坂本城は堀秀政軍に攻められ落城しました。
その後1583年賤ヶ岳の戦いでは秀吉軍の要城となりましたが、地勢の変化で1586年
廃城となり、資材は大津城の築城に再利用されました。

数奇な運命をたどった坂本城跡を辿ってみました。
@入口に坂本城祉と刻まれた石碑がある都市公園湖岸緑地に車を止め、探訪開始です。
公園はきれいに整備されていて、光秀の石像が立っていますがここは坂本城の縄張りの
はずれにあたるようです。次いで国道161号線を北上してしばらくいくと、
Aキーエンスの研修所に着きます。ここが本丸跡、研修所の入り口の傍らに赤御影石の
碑があり由緒が刻まれています。国道を横断して西に進み、北国海道と交わるところ
Bにも坂本城址の石碑があります。ここは二ノ丸のちょうど南西角にあたるようです。
ここから北国街道を南下し、立專寺南の細い路地を経て公園に戻り@もう一度公園を散策
しました。絶頂期の光秀が豪華な天守から見たであろう近江富士がくっきり見えました。 
この道中約800m、往時を偲ぶのに手軽な散策路です。一度お試しください。
キーエンスの入り口右に石碑 坂本城本丸跡と刻まれています
北国街道に面し、坂本城址石碑 二ノ丸南西角にあたる

   

問合せ先 大津港マリーナ TEL: 077-523-5568
オリックス・ファシリティーズ(株) TEL:077-565-8899
Copyright(C)2006 Ohtsu-Marina.jp. All Rights Reserved.