サイトマップ

最新のニュース
 マリーナ界隈 東海道 義仲寺
東海道に面した義仲寺山門
山門を入ってすぐの句碑「行く春をあふみの人とおしみける 1690年作」
旧東海道を東へ進み、大津警察署裏を過ぎてすぐ、歴史の箱庭「義仲寺」があります。
12世紀末、平家討伐に功を挙げたにもかかわらず、頼朝と敵対することとなった義仲は
粟津で範頼、義経の軍勢と戦い討ち死にしました。側室の巴御前が供養のために草庵を
結び後に義仲寺と呼ばれるようになりました。その後時代と共に興亡を経、1680年頃から
芭蕉がたびたび来訪し、宿舎としました。芭蕉は義仲の生き様に深く思いを致していた
ようで自分の遺骸は義仲寺に埋葬するよう遺言しました。有名な「旅に病んで夢は枯野を
駆けめぐる」という句を死の3日前に残して1694年10月12日大阪で客死しました。
遺言に則り、遺骸は去来等の門弟により13日当寺に移され、14日ここに埋葬されました。
境内には前出の「旅に病んで・・」や「古池や蛙飛び込む水の音」などの芭蕉の句や門人
たちの句碑があり、俳句好きの方には句碑を捜してじっくり時を過ごせるでしょう。
東海道が旅人達で賑わった江戸時代も人気スポットだったようで、当時の旅人達の旅行
ガイド「東海道名所図会」や「伊勢参宮名所図会」に義仲寺が載っていて現在と同じ境内の
様子が描かれています。
手前の義仲に並んで奥に芭蕉の墓が見える
翁堂 芭蕉坐像や丈艸居士、去来の木像が安置されています

   

問合せ先 大津港マリーナ TEL: 077-523-5568
オリックス・ファシリティーズ(株) TEL:077-565-8899
Copyright(C)2006 Ohtsu-Marina.jp. All Rights Reserved.