サイトマップ

最新のニュース
 琵琶湖周航の歌 歌碑巡り1 三保が崎
歌碑までの道中、三保が崎の春
歌碑までの道順、大津港マリーナから約400m
琵琶湖周航の歌は旧制第三高等学校のボート部の学生が明治26年からはじまり
伝統となった手漕ぎのボートによる周航の寄港地での想いを大正6年次の学生
小口太郎の作詞によるもので、吉田千秋の原曲「ひつじぐさ」に乗せ、叙情的で
ロマンあふれる歌は学生たちに歌い継がれ、加藤登紀子によって全国的な支持を
得られるようになりました。
琵琶湖のテーマミュージックともいえる歌の歌詞は6番まであり、夫々に因んだ
場所に歌碑が建立されました。
今日は4月13日、春の1日これらの碑を巡ってクルージングしました。

1番の歌碑は大津港マリーナすぐそばの三保が崎に昭和48年(73年)に建立され
三高艇庫の横に建っています。さすが最初に完成した歌碑の元祖として桜を背に威厳
のある碑です。

一番歌詞
われは湖の子 さすらいの
旅にしあれば しみじみと
のぼる狭霧や さざなみの
志賀の都よ いざさらば

と歌詞1番はこれから長い手漕ぎボートでの航海に出る意気込みが歌われています。

この碑が完成以降、約30年を経て平成17年(05年)彦根に建立した歌碑を
もって6基の歌碑がそろいました。
三高艇庫、ここが琵琶湖周航のスタート&フィニッシュだった
春の日差しの下、威厳ある佇まいだった

   

問合せ先 大津港マリーナ TEL: 077-523-5568
オリックス・ファシリティーズ(株) TEL:077-565-8899
Copyright(C)2006 Ohtsu-Marina.jp. All Rights Reserved.