サイトマップ

最新のニュース
 5月20日 マリーナ仲間でヨット教室
ヨット教室艇 MANATEE
ホッと一息 右から 脇阪インストラクター、東口、ブルース、井戸本、中澤の皆さん
上 図上レクチャー 下 セールのセッティング
上 さあ出港だ! 下 メインセールで帆走のお勉強
今日はベテランセーラーの脇阪さんがヨットを始めたばかりのマリーナ仲間に安全で楽しいセーリングをアドバイス。
まずはホワイトボードで図を描きながら風に対するヨットの走らせ方を説明、基本は簡単@ラフ Aベアー Bタック Cジャイブ の4つの動作を組み合わせるとどの方向にもも行けますよ・・・・。脇阪さんの説明にフムフム、なんでうまく行かないのか解らなかったこともこうして系統的にまとめて聞くと解りやすい、と理解力抜群の皆さんスッカリ腑に落ちた様子。
でも聞くとやるでは大違い、飲み込んだ知識を体で体験といよいよ実技編に移行です。
今日のドリルには脇阪さん所有のMANATEEが練習船、全員ライフジャケットを着けて颯爽と乗り込みました。
まずは係留方法のイロハから、このロープとそのロープをこう取って安全な係留になるんです。皆さん なるほど、何気なく取っていたロープもこんな働きをしているんだと納得。
いよいよセットセール、メイン、ジブとそれを動かすシート類の働きの説明に皆さんまた納得。
さあいよいよ出港、係留ロープがプロペラに巻きつかないようにしっかり取り込むのを忘れずに・・・・・。
マリーナを離れ、セールを上げる。今日は少々風が強く足場を確認しながら動作を慎重に、船首を風に立てて一人がハリヤードを引き、別の一人はボルトロープがつかえないようにグルーブにリードして・・・。
今日は風が強いのと基本練習ということでメインセールで専ら走ることとなった。
ティラーを引くと船首が風下に向くに従い、シートを繰り出す、ちょうど風を左舷真横から受け、アビームで走る。シートはあまり引き込みすぎないよう、セールのカーブをきれいに保って・・・なるほどきれいな走り。
この状態からティラーを押してシートを引き込み船首を風上に向けるのがラフィング、ティラーを引いてシートを延ばすのがベアー・・・文字にすると複雑そうだが動作は簡単。でも風の状態を常に掴んで常にラフとリーチの状態をチェックしながらセールのカーブをきれいに保つのはなかなか難しく「習うより慣れろです」ほんとにそうですね。
10時に出港してはやお昼、今日は他のクラブレースがあったり、ディンギーもたくさん出ていて賑やかな湖面だ、比叡山や大津港を眺めながらのランチタイムは最高、曇っていた空も晴れ、爽やかな初夏の風を受け、ゆっくりワイワイお弁当をたべました。
昼食後はタックとジャイブの練習、クローズホールドで走る場合、セールの引き込み過ぎに注意しましょう。ヒールが大きいといかにも走っているという感じはありますが、実際はセールエリアを有効に使えていないので効率が悪いのです。適度な引き込みとヒールにより風の力を効率よく推進力に使いましょう、ヨットは帆かけ船とは違い、風に押されて走るのではなく、きれいなカーブを描くセールの揚力で走るのでうまく風を流してやりましょう・・・ムム?一寸難しい! ジャイブする場合、特に今日のように風の強い時はワイルドジャイブに注意しましょう! 
脇阪インストラクターの指導で皆さん日頃の自分のセーリング動作をそれぞれに整理・確認できました。
あっという間に午後3時、マリーナに帰港。着岸から係留ロープの取り方をおさらい、セールの収納などを再確認しながら手仕舞いを行う。
今日は出港してすぐに突然の雨に見舞われたりしたが強めの風に恵まれ、楽しいヨット教室となりました。
またこういう機会が持てることを願いながら皆さん心地よい疲れに満足満足。
インストラクター役の脇阪さん、受講生の皆さんお疲れ様でした。



   

問合せ先 大津港マリーナ TEL: 077-523-5568
オリックス・ファシリティーズ(株) TEL:077-565-8899
Copyright(C)2006 Ohtsu-Marina.jp. All Rights Reserved.